Home AltanativeQuestionShippingPrivacyShopping


 
 

 

 

 

重曹療法

この治療法は、100%オーガニックのグレードBメープルシロップと重曹(炭酸水素ナトリウム)を組み合わせた非常に簡単な療法です。 このプロトコルで使用する重曹は、アルミニウムが入っていない重曹を使用します。(by Dr. Tullio Simoncini)

重曹とメイプルシロップの働き:
癌細胞はとにかくブドウ糖が大好きで、通常の細胞より15倍ものブドウ糖を吸収する性質があります。メイプルシロップで癌細胞を呼び寄せて、強力なアルカリ性物質である重曹で、がん細胞を一掃するという方法です。ちなみに、癌細胞やその他の病菌は、アルカリ性の環境では存在出来ません。

方法:
メイプルシロップを購入する際はグレードBを購入して下さい。手に入らないのであれば、グレードAのなるべく濃い色のシロップを選んで購入して下さい。

メイプルシロップと重曹を煮詰めて混ぜた、ドロドロ状の液体を作りますが、その際、絶対にアルミ加工の鍋を使用しないようお願い致します。アルミニウムはアルツハイマーや認知症の主な原因と報告されています。

重曹 大さじ1
メイプルシロップ 大さじ3

この比率の倍数を焦げない低温で5分〜10分程、丁寧に煮詰めてゆきます。容器に入れて室温になるまで置いてから召し上がり下さい。大体10日分の作り置きが良いでしょう。もし焦がしてしまったら(味が苦い)、もう一度作り直して下さい。

摂取量:
一日2回大さじ1の重曹シロップを摂取して下さい。絶対に同時に摂取せず、時間をおいてから摂取するようにして下さい。
進行がんの方は、一日大さじ16まで摂取が可能ですが、この量を1週間以上継続しないようお願いします。基本的には一日2回大さじ1の量で、少なくとも2ヶ月様子を見るようにして下さい。

注意点:
*糖尿病やその他の疾患のある方、必ず担当医にご相談の上、実施をお願い申し上げます。
*服用する前に必ず担当医までご相談下さい。絶対にご自分の判断だけでの服用はお避け下さい。又、処方されているお薬を中断したり、ご自分の判断だけでの服用はお避け下さい。
*冷蔵庫で保管しないで下さい。分離の原因となります。
*がん細胞に重曹シロップを取り込んでもらう為にも、他の糖分を抑制する必要があります。大きな効果を得る為に、糖分の多い食物を控えて簡素な食事を心がけて下さい。

 

papernote